エスティケイTOP > 株式会社エスティケイ 昭和通り支店のブログ記事一覧 > 賃貸マンションの種類から分かる住み心地の違いを解説

賃貸マンションの種類から分かる住み心地の違いを解説

≪ 前へ|一人暮らしに役立つ宅配ボックス 人気の理由とは?   記事一覧   リフォームをする事で利用できる控除 トップランナー制度とは?|次へ ≫

賃貸マンションの種類から分かる住み心地の違いを解説

アパートとマンションの違いに関しては、多少なりとも理解しているという方は多いと思いますが、実はマンションだけでも種類があることをご存じない方は多いのではないでしょうか?

マンションは基本的に、2種類に分けて考えることができます。

それは鉄筋コンクリート造か、鉄骨鉄筋コンクリート造かです。

今回はマンションの構造自体に焦点をあてて、それぞれの特徴からみた住み心地の違いに関してご紹介いたします。


マンションの構造の種類① 鉄筋コンクリート造


鉄筋コンクリート造のマンション


まず鉄筋コンクリート造ですが、基本的に10階未満の構造であるマンションに多く見受けられます。

木造アパートと比較すると、遮音性に優れていて耐震性や火の回りが遅くなりますので、日常的な悩みから災害時の対応まで信頼できる構造と言えるでしょう。

また熱伝導率も高いことから、木造アパートよりも冬は暖かく、夏は涼しい環境を作りやすい構造と言えますが、こちらの特徴はそのままデメリットにもなり得ます。

 

例えば、夏は外出中に冷房が切れた部屋に熱がこもり、帰宅してから涼しくなるまで時間がかかります。

逆に冬は、一度寒くなるとその冷気が逃げにくくなってしまいますので、そうしたデメリットも理解しておく必要があると言えるでしょう。


マンションの構造の種類② 鉄骨鉄筋コンクリート造


鉄骨鉄筋コンクリート造のマンションは、鉄筋コンクリート造のマンションをより頑丈にした構造と言えます。

コンクリートの中に鉄筋を入れることによって、頑丈な造りを実現している鉄筋コンクリート造ですが、さらに鋼材を入れることにより高い耐震性や遮音性を実現できているのが鉄骨鉄筋コンクリート造です。

 

高層マンションなどは、高層階になるほど揺れやすいため、揺れを最小限に抑えられるよう鉄骨鉄筋コンクリート造が用いられていることが多いです。

鉄筋コンクリート造のマンションよりも優れている部分が多い鉄骨鉄筋コンクリート造ですが、住みやすさの恩恵を受けられる代わりに建設費用が高くなります。

そのため、家賃や管理費などがやや高めに設定されることが多いので、その点がデメリットになるでしょう。


マンションの種類はどっちのほうが良いの?


鉄筋コンクリート造の鉄骨


住み心地を考えるのなら、鉄骨鉄筋コンクリート造のほうが住みやすいと言えるでしょう。

しかし、いくら遮音性や耐震性に優れていたとしても、構造だけで判断してはいけません。

築年数や設備・立地条件など、住み心地には様々な要因が絡んでくるため、それも含めて賃貸マンションを探すことをおすすめします。

 

甲府市やその近郊で賃貸マンションをお探しなら、エスティケイまでぜひご相談ください

≪ 前へ|一人暮らしに役立つ宅配ボックス 人気の理由とは?   記事一覧   リフォームをする事で利用できる控除 トップランナー制度とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 株式会社エスティケイ 本店
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社エスティケイ 昭和通り支店
    • 〒400-0043
    • 山梨県甲府市国母3丁目12-24
      昭和通り支店
    • TEL/055-222-7400
    • FAX/055-222-7403
    • 山梨県知事 (8) 第1284号
      山梨県知事免許(8)1284号
      山梨県知事建築業許可(般-19)第7692号
      一級建築事務所(梨)第1-191554号
      山梨県住宅供給公社登録業者66-0078号
  • スマホサイト
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る